新車を購入する際には色々と諸費用が掛かってしまうと言う現実があります。

やりようによってはカットできる諸費用もありますが、基本的にはなかなか諸費用を圧縮するのは大変なことです。

具体的に新車を購入する際にはどのような費用がかかるのでしょうか。下記に乗せているので参考にしてみてはどうでしょうか。

新車購入の諸費用

自動車税
毎年4月に課税されて、年度途中で車を買うときには月割りで年度分を納税するようになります。

自動車取得税
車の購入のときに車両本体価格の90パーセントから1000円未満を切り捨てた額の5パーセントを掛けた額が大体課税されるようになります。

自動車重量税
購入時に車検と一緒に課税されます。

消費税
車両本体価格だけでなく、代行費用にも課税されます。

自賠責保険
登録時と車検時に更新されるようになります。

納車費用
車を購入者の自宅まで届ける費用になります。工場からディーラーまで運ぶ陸送費が掛かる場合もあります。

登録代行手数料
陸運支局でのナンバー取得に伴う業務の手数料になります。車庫証明書と書る提出の代行料も加算されてきます。

ナンバープレート代金
ナンバープレートは都道府県で金額は異なってきます。

リサイクル料金
自動車リサイクル法に伴って、フロンガス類やエアバッグ類などのリサイクルを促進するための料金になります。

その他費用
他のも登録や車庫証明の書類作成費などが必要になります。

上記のような費用が掛かるのでしっかりと抑えて置くようにするといいと思います。多汗症手術の病院比較はこちら